フロントライン 初めて

愛犬と初めてのフロントライン(30代/女性)

我が家の愛犬は大型犬ですが、初めてフロントラインを使用したのはもうすでに成犬になって暫く経ってからです。
田舎の自然が豊かな地域で暮らしているため幼犬のうちに散歩中のダニなどの予防に…と動物病院で勧めていただいたこともあり考えてはいましたが、愛犬の皮膚が強そうではなかったため毎日私が定期的にチェックしてあげれば良いと思い実際の使用には至らずにおりました。 それでも特に何か困ったこともなく過ぎていました。
しかし、ある日何だかとても痒がっている様子に毛をかき分けてみると…いたのです!

 

ノミが!しかも大量に!

 

今朝確認した時は何もいなかったのです。
しかもその時季節は夏。暑いのと痒いのとで足の付け根のあたりは引っ掻き過ぎて血が滲んでいます…。
一瞬頭が追いつかず「何故?」と自問するばかり。とにかくパニックになりました。
清潔にしていたはずなのに…という何とも言えない気持ちと愛犬への申し訳ない気持ちとが交差します。しかし考えても仕方ないのでとにかく時間的に動物病院は無理でしたのでドラッグストアへ直行しました。

 

いざドラッグストアへ着いてもコーナーには様々な種類の予防薬やらシャンプーやらが並んでいます。どれが本当に効果があるのか初めての私には正直わかりませんでした。
そこで店員さんに伺うと、その方がとても親切な店員さんで動物病院などでも推奨されていて、ペットや人間への皮膚などへの影響も考慮されている商品を教えていただきました。それがフロントラインでした。

 

フロントラインにもスプレータイプなど様々な種類がありましたが私が選んだのは首の後ろに垂らすタイプのものでした。
家に帰り直ぐに愛犬に使用しました。
愛犬の具合が悪くなったり皮膚などに影響が無いか注意して見守りながら、私も見つける限りノミを捕まえては駆除しました。
結果、翌日には本当にウソのようにノミがいなくなっていたのです!数匹は確認しましたが、ほぼいなくなっていました。この効果には驚きましたし、何より嬉しかったです。
心配していた副作用もなく愛犬も元気に走り回っている姿を見てホッとしました。

 

原因は後でわかったのですが、どうやら野良猫が関係していたようです。野良猫に寄生していたノミが何かを介して愛犬に付着してしまったようでした。
その後、やはり散歩中の草むらのダニやノミ、蚊などのフィラリア予防のため定期的にフロントラインを使用するようになりました。そのお陰でその後は数年間一度も虫などの寄生に悩むことなく過ごすことができています。